活動レポート

財政局に本市の今後の財政運営を問う!

 平成30年10月25日(木)に、29年度決算特別委員会・財政局関係の質疑に立ちました。ここで私は、本市の新中期4か年計画の財政見通しにおける本市の市債発行や借入金残高の考えなどを、市民からお預かりしている税金を原資とする“本市のお財布”を管理する財政当局に問いました。

 本市は、平成29年度決算ベースで、一般会計自体の市債残高〔例えていえば本人分の借金〕は、約2兆5千億円、一般会計が対応する市債残高〔例えていえば家庭自体の借金で、市民の税金を使って最終的には返していくべき借金〕は、約3兆2千億円弱、その他一般会計以外の企業会計や特別会計あるいは外郭団体のものも含めれば、約4兆5千億円の借入金〔例えていえば家族全体の借金〕があります。

 一方で本市の人口将来推計では、2019年度をピークに人口は頭打ちになり2025年頃から明らかな減少になると予測しています。加えて高齢者の人口は、3人に1人の割合に増加していくと考えられています。つまり完全な少子高齢化社会、生産年齢の減少社会の到来です。また税収も当然、自然増収はトレンドとして見込めない時代の到来です。

 財政当局には、以上の本市の置かれた状況を十分認識し、重く受け止め責任ある財政運営を行ってもらわなければいけません。当然我われ議会・議員側も、無責任に施策選択の優先順位付けを行わず、野放図に必要のないものまで予算付けを求める事は、厳に戒めなければいけません。加えて言えば、私は将来世代に対して出来るだけ施策選択の自由を残してあげたいと考えています。

 以上の考えに立って、今回の質疑では、私は現在や将来の本市の借入金残高のあるべき姿、あるいは本市財政状況の市民への分かりやすい周知と情報の共有などを求めました。質疑は、市会HPからご覧頂くことができます。お時間がある際に是非、こちらからご覧下さい。

ピックアップ記事

  1. 林市長がカジノ誘致を表明。強く撤回を求めていきます!

関連記事

  1. 活動レポート

    明日から平成25年度第三回定例会

     今月の10日(火)より平成25年度第三回定例会が始まります。林市長が…

  2. 活動レポート

    文化観光局に続き、平成30年度予算局別審査・総務局審査に立ちました!

     平成30年度予算局別審査の中で、本市の危機管理全般をマネージ…

  3. 活動レポート

    第2回大都市行財政制度特別委員会の開催

     本日7月9日(木)、新任期後2度目となる大都市行財政制度特別委員会が…

  4. 活動レポート

    アベノミクスってどうなの!?

     総選挙で自公が絶対的多数を得て、安倍政権になってから間もなく2年とな…

  5. 活動レポート

    望月こうとく通信2022年秋号が完成しました。

    この通信は、市政レポートに特化した“みんなの声の広場”とは別に、市政…

  6. 活動レポート

    常任委員会ご報告

    6月20日のこととなりますが、急きょ、政策・総務・財政委員会の総務局関…

最近の記事

アーカイブ

  1. 市政報告会

    市政報告会(タウンミーティング)開催のお知らせ。
  2. 活動レポート

    第28回横浜市心身障害児者を守る会連盟福祉大会
  3. お知らせ

    望月こうとく通信2019年2月号完成!
  4. 活動レポート

    平成26年第二回定例会常任委員会のご報告
  5. 活動レポート

    平成30年度予算局別審査・文化観光局関係の質問に立ちました。
PAGE TOP