活動レポート

平成29年予算局別審査・医療局病院経営本部。

3月9日、建築局の予算審査に引き続き、医療局・病院経営本部の予算審査に立ちました。同部局は、本市医療政策の執行や市立病院の管理、運営を主導する仕事をします。

その部局に私が質疑を行ったのは、次の7つの項目です。
1.災害時医療の確保
2.市民病院再整備
3.脳卒中・神経脊椎センター
4.医療の国際化推進事業
5.医療ビッグデータ活用
6.横浜臨床研究ネットワーク支援事業
7.2025年に向けた医療機能の確保

災害時医療の確保については、建築局予算審査の際にも、災害拠点病院などの重要病院の中に耐震性に不安が残る問題を取り上げました。耐震性不足の病院を建て替えや修繕していくには時間がかかります。ですから医療局には、いかに災害拠点病院として必要とさせる機能を維持させるかや、あるいは万一、機能喪失した場合のバックアップ体制を質しました。
また災害時に重要な役割を果たさなければいけない病院の耐震性確保や機能維持以外に、発災時に配慮を必要とする疾患のある方々、例えば透析医療患者や在宅酸素療法患者、中心静脈栄養療法患者です。透析医療患者について言えば、市内に約8千人の腎機能障害を抱える方がいらっしゃいます。万一発災によって医療の提供が中断すれば、命に関わります。できるだけ発災時でも、市内で医療が提供できる体制を確保する必要があります。今回の質疑で終わることなく、今後も継続的に透析医療を始めとする、医療的配慮を必要とする方々の災害時医療の確保を当局に要請していきます。

以上で、ご紹介したことを含め当日のやり取りを是非、インターネットでご覧下さい。
⇒ こちら

ピックアップ記事

  1. 林市長がカジノ誘致を表明。強く撤回を求めていきます!

関連記事

  1. 活動レポート

    アベノミクスってどうなの!?

     総選挙で自公が絶対的多数を得て、安倍政権になってから間もなく2年とな…

  2. 活動レポート

    費用弁償復活に思う(1)

     ただいま平成25年第三回定例会そして決算特別委員会へと約2か月間にわ…

  3. 活動レポート

    費用弁償の支給開始とその後

     10月1日から支給が決定された費用弁償手当が、12月10日(水)に歳…

  4. 活動レポート

    平成24年度市民局決算審査のご報告

     10月9日(水)、24年度決算特別審査市民局関係の質問に立ちました。…

  5. 活動レポート

    平成26年第3回常任委員会のご報告

     9月12日(金)に健康福祉・病院経営委員会が開かれました。今回は、報…

  6. 活動レポート

    財政局に本市の今後の財政運営を問う!

     平成30年10月25日(木)に、29年度決算特別委員会・財政…

最近の記事

アーカイブ

  1. 活動レポート

    横浜市衛生研究所を視察
  2. 活動レポート

    平成25年第四回定例会議案関連質問
  3. 活動レポート

    市政報告会を歴史博物館で開催しました。
  4. 活動レポート

    新会派 横浜の未来を結ぶ会 を結成
  5. 活動レポート

    「カジノを含むIR誘致の是非を問う住民投票条例」の制定及び実現を求め賛成討論!!…
PAGE TOP