活動レポート

平成26年度予算特別委員会・こども青少年局審査

さる3月11日(火)に平成26年度予算特別委員会・こども青少年局審査の質疑を、望月が会派を代表し行いました。

質問項目は、1.児童養護施設退所者に対するアフターケア事業・横浜版カナエール、2.家庭的保育事業の質の確保、3.待機児童対策における問題点と予算バランス、4.地域療育センターの施設利用料の見直しについて、です。

私は、平成23年10月のこども青少年局決算審査で、18歳を過ぎて児童養護施設から退所する児童に対する見守りの必要性を説き、特にそうした子供たちの高等教育機関への進学率が、通常より低いことを取り上げ、基金などによる奨学金制度の創設を求めました。そうしたところ昨年末に、市民からの寄付を原資とする奨学金制度・横浜版カナエールの新設がありました。そうした当局の取り組みを評価し、一方で今後起こりうる課題点には常に対応し、より良い制度に改善して頂くことを求めました。

横浜市は、林市長就任以来、看板政策として待機児童の解消を掲げ、それに付随する施策に取り組んでいます。こうした取り組みによって、確かに就任前に比べて、市内で受け入れられる保育所定員が増加したなどの良い面がありますが、他方で、質の確保や予算のバランスの問題、あるいは小1以上の就学児童も含めてのこども子育て支援施策全体の制度設計の面で見直したり、改善しなければいけない点が多々あります。そうしたことを取り上げて善処を求めました。

さらには、この4月以降、地域療育センターの通所利用料金が国基準に合わせて変更になることで、利用者負担増になることを取り上げ、大切なのは、障害児や保護者の方に対する社会全体の支えではないかとの主張を致しました。

こども青少年局に対する望月の質疑は、こちらでご覧頂けます。

ピックアップ記事

  1. 林市長がカジノ誘致を表明。強く撤回を求めていきます!

関連記事

  1. 活動レポート

    平成26年度予算案に対する修正動議を提起

     平成26年度横浜市予算が、25日(火)に議決され、可決されました…

  2. 活動レポート

    費用弁償復活に思う(2)

     横浜市の財政状況は、最悪期から転じたとはいえ、外郭団体などの部分も含…

  3. 活動レポート

    本会議に登壇!横浜市商店街活性化に関する条例案に質問。

     平成27年第1回定例会がただ今会期中です。2月10日、議案関…

  4. 活動レポート

    みんなの声の広場第24号完成しました。

    みんなの声の広場第24号が完成しました。今回の内容は、平成29…

  5. 活動レポート

    平成26年4月6日(日)市政報告会を開催

     4月6日(日)に市政報告会&意見交換会を都筑公会堂第1会議室にて…

  6. 活動レポート

    市民の命や財産を守る施策や事業は最優先!!

     区内や近隣区で言えば、鶴見川や早淵川などの支流など、河川の氾濫対…

最近の記事

アーカイブ

  1. お知らせ

    みんなの声の広場第26号が完成しました。
  2. 活動レポート

    みんなの声の広場第34号が完成しました!
  3. お知らせ

    春の市政報告&活動報告会開催
  4. 活動レポート

    みんなの声の広場第35号が完成しました!
  5. 活動レポート

    望月は、横浜みどり税の継続になぜ反対したのか。
PAGE TOP