活動レポート

アベノミクスってどうなの!?

 総選挙で自公が絶対的多数を得て、安倍政権になってから間もなく2年となります。この間、政権支持率は高止まりし、アベノミクスなる造語も日常化しました。大胆な金融緩和、機動的な財政出動、規制改革などによる成長戦略。いわゆる3本の矢は、こんなところでしょうか。日本の20年以上続くデフレ停滞経済を打破し、これからますます進行する少子高齢化・生産年齢人口減少社会でも活力を生み出すこと。1千兆円を超える政府部門の債務問題を改善させてくれるなら、これはどういった政権でも素晴らしい政権です。ですからやるなら是非、成功してほしいと願っています。本年の4月から消費税率がアップしましたが、案外、国民からの反発はなかったと思います。それもこれも、財政を立て直し、日本の抱える課題に寄与できるなら我慢しよう、日本の将来のためなら協力しようと多くの国民が思って下さっているからだろうと私は、考えています。

 ではアベノミクスの成功のカギは何か。一番大切なのは3本目の成長戦略と思います。貴重な人や資金などの資源を成長分野に振り向ける。
社会の構造改革を推進し、産業の国際競争力を強化する。そして、国民経済の発展及び国民生活の向上を図るということです。ですけれど、この肝心な部分がまったくできていない。むしろ旧来通りのバラマキ。貴重な財源を使って変わらなければいけない産業を、ただただ延命させている。これが実態と思います。

 なぜ私が、そのように思うかというと、地方議員としての経験からです。地方議員として、国から地方へのお金の流れを見ると、更には地方の財政支出の現状を見た上での実感です。

 以上のことを不定期に作成・頒布している政治政策ビラ『望月こうとく通信』平成26年秋号で述べました。その後10月31日(金)には、日銀の追加金融緩和策を実施という経済ニュースが飛び込んできました。消費税率アップ後の消費の予想以上の落ち込み。景気低迷どころか、下落ということで今回の対策を日銀・黒田総裁が打ち出さざるを得なかったのが理由です。そして円安株高という結果で市場はすぐに反応しました。

 ここからが肝要だと思います。ここから後追いでもしっかりとした財政政策、経済政策そして第3の矢と称する成長戦略はビジョンを持って、構造改革・真の成長につながるものを政権がやらないといけないと考えます。そうしないと緩和策の弊害が今後出て来るでしょうし、ドーピングが切れた時の反動が予想されますから、結果として残るのはマイナスだけとなってしまいます。こうした一時の対策の効果がカンフル剤のように効くうちに、抜本的な経済構造改革、財政改革を政権が手を付けられればいいのです。ですが、政治の世界の末端に身を置くものとしては、経験上まったく期待できません。

ピックアップ記事

  1. 林市長がカジノ誘致を表明。強く撤回を求めていきます!

関連記事

  1. コラム

    カジノより新型感染症対策を!

    新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続いています。一方、日本国内では…

  2. 活動レポート

    みんなの党からの離党のご報告と現在の思い

     皆さま、こんにちは。すでに報道等でご存じの方もおられると思いますが、…

  3. 活動レポート

    本会議に登壇!横浜市商店街活性化に関する条例案に質問。

     平成27年第1回定例会がただ今会期中です。2月10日、議案関…

  4. 活動レポート

    平成29年4月23日(日)市政報告会を開催しました!

     望月が当選以来、定例会終了後実施している市政報告会を4月23日(…

  5. 活動レポート

    平成24年度財政局決算審査のご報告

     10月18日(金)に24年度財政局決算審査で質疑に立ちました。今回の…

最近の記事

アーカイブ

  1. 活動レポート

    みんなの声の広場第32号が完成しました!
  2. 活動レポート

    平成24年度市民局決算審査のご報告
  3. お知らせ

    タウンニュース〔都筑区版〕・平成28年6月9日号に活動報告掲載!
  4. 活動レポート

    みんなの声の広場第40号が完成しました。
  5. 活動レポート

    平成26年10月17日(金)開催の健康福祉・病院経営委員会のご報告
PAGE TOP