活動レポート

都筑区誕生満20年。~住み続けたい街・都筑区~

10659202_635874103199486_8419068675430149397_n

 都筑区が誕生してこの11月6日で満20年となります。それに先立ち、本年度は数々の記念行事が開催されてきました。本月の1日には、記念式典と祝賀会が公会堂と新横浜のホテルを会場にそれぞれ挙行されました。そして本日3日は、秋晴れの下、多くの皆様にご来場頂き、第20回目の記念となる区民まつりが、メイン会場となったセンター南駅前スキップ広場から‐みなきたウォーク‐センター北駅前広場他の会場で開催されました。都筑区は生誕当時は約11万人の住民の住む街でしたが、今では約21万人です。そして住民の平均年齢は市内18区中最も若い約40歳。一方で全国でも有数のご長寿率の都市です。様々な商業施設が造られ、まだまだ成長していく活気ある街ですが、それにふさわしい盛況なる区民まつりでありました。

 都筑区の名の由来は、古代の都筑郡に発し、区制開始時に『新たな都を築く』との住民の思いを込めて名付けられました。今から約50年前に横浜の六大事業の一つとしての港北ニュータウン開発が始まりました。4つの理念を基として開発されて来た街であります。それは、「乱開発の防止」、「都市農業の確立」、「住民参加のまちづくり」、「多機能複合的なまちづくり」の基本理念です。そうした理念の下、「安全なまち」、「ふるさとを偲ばせるまち」、「緑の環境を最大限に保存するまち」、「高い水準のサービスが得られるまち」の4つのまちづくり方針に従って、区づくりが進められてきました。こうした理念と方針を策定し、それに従って街づくりを進めてこられた先人・関係者の皆さまの英知とご尽力には頭が下がるばかりです。

 私は、今、都筑区の皆さまのご信任を得て、区選出市会議員として働かせて頂いています。このことを大変な名誉、誇りと思っています。そしてその職責を果たしていくにあたって、都筑区のこうした街づくりの理念と方針を忘れず、先人の知恵を引き継ぎ生かしながら、いわゆる旧住民と新住民が融合し、老若男女が力を出し合い、全ての住民が一体となって、更に住みやすい街、都筑に向かって進んでいけるよう、皆様と共に力を合わせていく所存です。

2014110310240001.jpg

ピックアップ記事

  1. 林市長がカジノ誘致を表明。強く撤回を求めていきます!

関連記事

  1. 活動レポート

    費用弁償復活に思う(1)

     ただいま平成25年第三回定例会そして決算特別委員会へと約2か月間にわ…

  2. 活動レポート

    新会派 横浜の未来を結ぶ会 を結成

     1月10日(金)、議会局に新会派『横浜の未来を結ぶ会』を私を含め10…

  3. 活動レポート

    平成30年度予算局別審査・文化観光局関係の質問に立ちました。

     ただ今、平成30年度第一回定例会の後半に入り、新年度予算の審…

  4. 活動レポート

    平成25年11月1日閉会中の常任委員会開催のご報告

     第三回定例会が終了したばかりの11月1日(金)、閉会中ですが財政局関…

  5. 活動レポート

    常任委員会ご報告

    6月20日のこととなりますが、急きょ、政策・総務・財政委員会の総務局関…

  6. 活動レポート

    平成25年第二回定例会の市政報告会を行いました。

    本日、6月29日(土)の午後のひと時、センター北駅から徒歩数分、都筑区…

最近の記事

アーカイブ

  1. コラム

    豪雨水害にも怠ることなく備える必要あり!
  2. コラム

    カジノより新型感染症対策を!
  3. 活動レポート

    費用弁償復活に思う(2)
  4. 活動レポート

    都筑区誕生満20年。~住み続けたい街・都筑区~
  5. 活動レポート

    第2回大都市行財政制度特別委員会の開催
PAGE TOP