活動レポート

平成24年度政務活動費支出概要のご報告

私たち横浜市会議員は、議員としての政務に対する活動費として、月々55万円の政務活動費の支給を受けています。〔注)平成25年2月分までは政務調査費。3月分より政務活動費に名称を変更。それに伴って、支出項目区分に若干の変更がありました。〕

この活動費は、会派または議員個人で支給を受けます。年度は、4月始まりの翌年3月末締めで、それまでの1年間に支給された費用の使途を領収書写し付きで、市に報告することが義務付けられています。そしてこの報告書と領収書の原本は、各会派の責任者や議員が保管し、写しは、議会局によって保管され、希望者には閲覧が可能になっており、公開されています。

支出目的や内容は、ガイドラインに定められています。〔注)私的な飲食代や生活費に充てることはもちろんダメ。ガイドライン上は認められていても、望月の個人的な考えで計上しないケースもあります。〕年度末に残金があった際には、市に返金となります。

望月の所属する会派みんなの党横浜市会議員団では、各自の責任の下、支出内容を決め、事務処理を行っていくという考えで、議員個人単位で支給を受けています。活動費の使途は、上述の通りガイドラインに従って、各会派や議員が、判断し決定していくことになります。特にわが会派は個人で支給を受ける形式なので、自らの判断が重要となります。お預かりしているこの活動費をどう使い、どう生かすか。皆様の期待に責任を持って応えられるよう、政務活動費を活用させて頂き、活動してまいります。

なお24年度に支給を受けた政務活動費の望月分の支出項目の大枠は、下記のようになっております。〔注)25年3月に支出項目区分の変更がありましたので、同種のものは同一項目に合算しています。〕前述の通り議会局にて明細や領収書の写しは、公開されていますが、望月分については事務所内閲覧の形式でも公開しております。

支給額〔55万円×12カ月の660万円〕 - 支出額〔608万4円〕=残金返金額〔51万9千996円〕

支出項目 金額
広報・広聴費

\3,279,714

事務所費

\1,589,992

人件費

\756,461

事務費

\309,221

資料費

\43,520

調査研究費

\75,866

研究会・研修会費

\21,880

その他

\3,350

合計

\6,080,004

 

ピックアップ記事

  1. 林市長がカジノ誘致を表明。強く撤回を求めていきます!

関連記事

  1. 活動レポート

    みんなの声の広場第36号が完成しました!

    みんなの声の広場第36号が完成しました。第36号をご覧になる…

  2. 活動レポート

    平成25年11月1日閉会中の常任委員会開催のご報告

     第三回定例会が終了したばかりの11月1日(金)、閉会中ですが財政局関…

  3. 活動レポート

    第28回横浜市心身障害児者を守る会連盟福祉大会

     11月16日(日)、13時から新横浜の障害者スポーツ文化センター横浜…

  4. 活動レポート

    第1回大都市行財政制度特別委員会の開催

     本年度初めての大都市行財政制度特別委員会が、6月5日(金)に開催され…

  5. 活動レポート

    平成26年度予算特別委員会・こども青少年局審査

    さる3月11日(火)に平成26年度予算特別委員会・こども青少年局審査の…

  6. 活動レポート

    維新の党結成!新たな仲間と再起動。

     9月21日(日)品川プリンスホテルにて、結いの党と日本維新の会が合流…

最近の記事

アーカイブ

  1. 活動レポート

    立憲民主党代表 枝野幸男代表 都筑に来る!!
  2. 活動レポート

    平成25年11月1日閉会中の常任委員会開催のご報告
  3. 活動レポート

    熊本の震災の経験を本市の減災対策に,いかに生かすか。
  4. お知らせ

    みんなの声の広場第26号が完成しました。
  5. 活動レポート

    みんなの声の広場第31号が完成しました!
PAGE TOP