活動レポート

だからあれほど言ったのに!

 前定例会で市庁舎の移転が、議会の議決として正式に決定した新市庁舎整備の話。私たち会派は、建設費、街づくり、区役所と市役所の役回り他の視点から慎重な議論と判断を求め、移転に反対しました。しかし自公民などの賛成多数〔賛成66名、反対20名〕で移転議案は可決されました。

 当初から示されている約620億円の建設事業費も問題であることは指摘してきましたが、オリンピックに間に合わせた建設を進める市長方針の結果、昨今の建築物の建設単価高騰のあおりで、現時点で約50億円ほど必要予算が膨らんでしまいそうです。実は、この点に補足しなければいけないことがあります。それは単純に50億円の追加建設予算が必要になりそうなというだけでなく、新市庁舎の床面積を当初計画より約6千㎡縮小したのに、それだけの建設費が追加的に掛かるということです。もし当初通りの規模面積なら更に約24億程度の追加予算が必要になりそうだったということです。

 以上の建設費増大の見込みの概要は、先週、当該の常任委員会が開かれ、当局より明らかにされました。翌日、新聞各紙地方版で記事になっておりましたので、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。建設をオリンピックに合わせて急ぐことで、まさに我々が危惧していた建設コスト増大になってしまうのは確実です。

 50億円あったら何ができるか!?さまざまな市民生活向上のための行政サービスの提供ができます。今やどの自治体も、少子高齢化・生産年齢人口減少の中で、堅実な財政収支構造に基づき、優先順位をつけながら政策立案と実行をしなければいけない時代。我が横浜も例外ではありません。そのことをしっかり認識していなければいけないのが、我々市民代表である議員であり議会です。しかし口では、当局に対して枕詞のように「財政状況の厳しい折なので無駄遣いしない」事業遂行を求めつつも、私(私たち会派)からすれば「財源の確保はどうするのですか?」、「本当に将来に向けての財政規律ビジョンを描いていますか?」と思わず突っ込みを入れたくなるほど、言行不一致なのが実際の議会の現状です。

 我々会派は、残念ながら現時点で少数派。なかなか主張が通らないのが現実ではあります。その点は自らの力不足を自覚し反省しつつも、市民の皆さまにしっかり、この議会の現状をお伝えし、市民の皆さまのお力添えを得て、我々と考えを同じくする仲間が増えていくよう訴えかけを強めていきます!

  市庁舎建設費変更当局資料1

  市庁舎建設費変更当局資料2

  市庁舎建設費変更当局資料3

ピックアップ記事

  1. 林市長がカジノ誘致を表明。強く撤回を求めていきます!

関連記事

  1. 活動レポート

    平成29年度予算局別審査・建築局。

     ただ今横浜市会は、平成29年度予算案審査が行われています。本市年間予…

  2. 活動レポート

    望月こうとく通信2018年秋号配布中!

    市政に限らず、望月の政治信条や政治スタンスを広くお伝えするため、議…

  3. 活動レポート

    平成26年10月17日(金)開催の健康福祉・病院経営委員会のご報告

     本市では、高齢者に関する各種事業、介護保険事業に大きな影響を与える平…

  4. 活動レポート

    みんなの声の広場第43号が完成しました。

    みんなの声の広場第43号が完成しました。第43号を…

  5. 活動レポート

    結いの党に入党

     1月18日(土)に開催された『結いの党』結党大会に参加しました。それ…

  6. 活動レポート

    みんなの声の広場 市政レポートカベ新聞版2019年秋号が完成しました!

    みんなの声の広場市政レポートカベ新聞版2019年秋号が完成しました。…

最近の記事

アーカイブ

  1. コラム

    皆さまの声が❝活動の羅針盤❞!
  2. 活動レポート

    費用弁償復活に思う(1)
  3. 活動レポート

    平成26年秋の健康福祉・病院経営委員会行政視察
  4. 活動レポート

    平成26年第3回定例会の市政報告会を開催しました!
  5. お知らせ

    みんなの声の広場第20号完成しました。
PAGE TOP