コラム

林市長がカジノ誘致を表明。強く撤回を求めていきます!

すでにマスコミ報道でご存じの市民の皆さまも多いかと思いますが、8月22日に林横浜市長が、現在の山下ふ頭への、カジノを含むIR誘致に着手すると表明しました。当該地は、赤レンガ倉庫などで馴染みの横浜みなとみらい地区に隣接します。

私は約6年前、カジノ含むIR誘致が本市で議論される可能性があることを、アンケートはがき形式のレポートをお配りし、区民にお伝えして以来、その後も私の考えを交え、この問題に関わる議会報告を折々してきました。誘致の是非は、単なる市の実施する一事業の話ではなく、市民全体で考えていくべき、未来の横浜のあり方に関わる重大な問題だからです。

私は、カジノ誘致に反対です。依存症の問題や治安への懸念。市長が期待しているらしい経済・観光効果や雇用・税収の増の効果への疑問。そうした正の効果は、短期的にはともかく中長期的には、様々なコストによって打ち消され、負の側面が上回ってしまうと考えています。得をする人が出たとしても、それは事業者や事業に関連する人たちだけ。かえって市民全体や将来世代は、損をしかねないと見込んでいます。そして損得勘定とは別に、どういった横浜を将来世代に引き継いでいくのかです。私は議員として、カジノに依存していかなければ経済や市政運営が成り立たないような横浜にしてはいけない、と考えています。カジノは、我が愛する横浜に似つかわしくないとも思っています。

もちろん違う意見があるかと思います。正確・適切で充分な情報が市民に示され、しっかりとした議論が戦わされた上で、多くの市民が誘致を望むならば、私の思いは外に置いても構いません。しかし実際は、そうした手順を踏んで導き出された結論ではありません。加えて言えば、市長は、誘致に前向き、いや前のめりであった姿勢を、2017年のご自身の選挙直前に、選挙対策なのか、いわゆる“白紙”発言で翻し、その後は議論をはぐらかしてきました。

私たちや将来世代を含めたすべての市民に関わるこの問題を、このまま片づけるわけにはいけません。私は、市長に対してカジノ誘致の撤回とカジノに頼らない横浜の成長発展施策の実施、都市経営を強く求めていきます!


         

ピックアップ記事

  1. 林市長がカジノ誘致を表明。強く撤回を求めていきます!

関連記事

  1. 活動レポート

    費用弁償復活に思う(2)

     横浜市の財政状況は、最悪期から転じたとはいえ、外郭団体などの部分も含…

  2. 活動レポート

    みんなの党からの離党のご報告と現在の思い

     皆さま、こんにちは。すでに報道等でご存じの方もおられると思いますが、…

  3. 活動レポート

    望月は、横浜みどり税の継続になぜ反対したのか。

     平成25年第4回定例会が、12月に開催されました。今定例会の最重要議…

  4. 活動レポート

    もうひとつの給食問題・給食室のドライ化

      私は、学校給食法の精神に則り、市内公立中学校での給食を実現すること…

  5. 活動レポート

    都筑区誕生満20年。~住み続けたい街・都筑区~

     都筑区が誕生してこの11月6日で満20年となります。それに先立ち…

  6. 活動レポート

    つづきチャレンジドの試み!

     都筑発の試みで、昨年の区政開始20周年に合わせ始まった試みに「つづき…

最近の記事

アーカイブ

  1. 活動レポート

    みんなの声の広場第28号が完成しました。
  2. お知らせ

    新年度所属委員会が決まりました。
  3. 活動レポート

    みんなの声の広場第32号が完成しました!
  4. 活動レポート

    平成24年度市民局決算審査のご報告
  5. 活動レポート

    平成25年11月1日閉会中の常任委員会開催のご報告
PAGE TOP